病院のご案内

泌尿器科

当科の主な診療

当院では、前立腺疾患の診断・治療に積極的に取り組んでおり、
前立腺肥大症の治療では、高齢者に負担の少ない内視鏡手術や
ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)を行っています。

 

また、最近では前立腺癌が多くなっており注意が必要であり、
排尿障害で受診された50歳以上の患者さんにはPSA検査を行い、
異常値の方には積極的に前立腺生検を行っています(1泊2日の入院が必要です)。
他院の人間ドックなどでPSAの異常を指摘された方も、お気軽にご相談ください。

自然排石の見込めない尿管結石に対しては、
積極的に経尿道的結石レーザー破砕術(TUL、f-TUL)を行っています。

これは尿管鏡による内視鏡手術であり、入院期間は3~4日程度となります。


なお、当科では体外衝撃波結石破砕術は行っておりません。
 

副腎腫瘍、腎がんなどでは、腹腔鏡手術から開腹手術まで病態病期にあわせた治療を選択います。

膀胱がんでは、膀胱温存のための各種治療法(経尿道的腫瘍切除、抗がん剤、膀胱内注入療法など)
から、根治的膀胱全摘術、化学療法まで行っています。

 

前立腺肥大症(BPH:Benign Prostatic Hyperplasia)とは

前立腺は男性にしかない臓器で、骨盤内存在し前立腺液を作っており、前立腺の中央には、膀胱と接するように尿道が存在します。

前立腺の組織は内腺と外腺に分けられ、内腺が肥大(大きくなること)します。

内腺組織が大きくなることによって尿道は徐々に圧迫され狭くなり、排尿障害(尿の出が悪くなる)が現れてきます。
これを前立腺肥大症といいます。


前立腺肥大症の特徴として、中高年の男性に多く見られ、その症状は人によりさまざまですが、

「排尿障害」
「頻尿(尿が近い)」
「夜間頻尿」
「残尿感 (尿をした後もすっきりしない)」
「尿が我慢できない」
「切迫性尿失禁」  などの症状が起こります。


さらに症状が進むと、「尿閉(全く尿が出なくなる)」、「閉塞性腎不全(腎臓からの尿も出なくなった状態で尿毒症を起こす)」といった深刻な状況になりうることもあるため、早期の治療が望まれます。

身体に負担が少なくより安全な「HoLEP」というレーザー手術

前立腺肥大症治療は、電気メスを用いた経尿道的前立腺切除術(TUR-P)が世界標準とされ、多くの医療機関で用いられてきましたが、近年様々な点で上回る術式としてホルミウム・ヤグレーザーという高出力のレーザーで患部を切除する、『前立腺核出術(HoLEP)』という治療方法が開発され、当科でも2013年より導入しています。

下の図が手術のイメージです。                   


「HoLEP」手術の流れ
1. 肥大した内腺を切除する
内視鏡を尿道から通し、その先のレーザーメスで灌流液を流しながら、内腺と外腺との境目に切り込み、肥大して尿の通り道を圧迫している内腺の組織のみを切除します。

取り除かれた組織は一旦、膀胱内に移動させます。
2. 切除した組織を細かくして体外へ排出する
膀胱内に移動させた組織は、特殊な機器を用いて細かい破片に切り刻み切み、吸引・排出します。
さらにその組織に癌が含まれていないか、病理検査を行います。
3. カテーテルを留置する
内視鏡を取り除いた後、尿道カテーテルという管を挿入して、尿路の確保や保護、止血を行います。
尿道カテーテルは、通常血尿がほぼなくなった翌日もしくは翌々日に抜きとることが多いです。
4. 術後
極力体を動かさず、翌日まで安静にしていただきます。
特にお腹に力(腹圧)を入れないようご注意願います。 基本的には翌朝から歩行可能です。
また、留置しているカテーテルが血液でつまると手術した部位から出血しやすくなります。
それを防ぐために灌流液を翌朝まで流し、尿と一緒に排出させます。
 
※ 上記は一般的な目安です。いずれも患者さんの状況・状態に応じて経過は異なります。
5. 退院後
前立腺を覆っている尿道粘膜も切除するため、粘膜が再生するまでは尿道からの出血・血尿はほぼ必ず現れますが、徐々に治まります。どうしても気になる方は受診時にご相談下さい。
 
術後1ヶ月間は、「重たいものを持つ」・「自転車・バイクなど乗り物の乗車」等、
股に振動や刺激が加わる行為や「アルコールの摂取」「性交」等、出血する可能性の高い行為は厳禁です。
 
また、退院後は十分に水分を摂取して下さい。
 
退院後約1ヶ月後を目安に外来を受診いただき、術後の経過と尿検査による血尿や感染症の確認をします。

「HoLEP」手術のメリット

 

 
  • 内視鏡手術なのでお腹を切らない
  • 安全性の高いレーザー治療なので従来の手術より出血や合併症の発症が少ない
  • 抗凝固剤を内服している方でも手術できる
  • 術後のカテーテル留置期間が短い(術後1~2日程度で抜去できます)
  • 術後の痛みが少ない
  • 大きな前立腺肥大でも切除可能
  • 患部の取り残しが少ないので再発が少ない(再発しても手術可能)
  • 入院期間が4~6日程度と短い
    (TUR-Pが10-14日程度なのに対し、HoLEPは5-7日程度で退院できる)
  • 保険診療で治療できる

 ※ 患者さんの状況・状態に応じて経過は異なります。
 


 

尿路結石とは


腎臓から尿の通り道である、尿管・膀胱・尿道に石ができる病気です。
食生活の変化に伴い、年々増加しています。
石(結石)がおしっこと共に流れて体外に排出されれば問題ありませんが、
石がじん臓や尿管にとどまってしまうと、お腹や腰部に激しい痛みが起きたり、
血尿が出たりします。
そのまま放置しておくと、腎臓の働きが低下する事もあります。

自然排石しない場合や、1㎝以上の石が体内に認められる場合は手術が必要となります。

「f-TUL(経尿道的腎尿管結石砕石術)」という手術

page top