当院の取り組み

医療安全

医療安全管理室について
 2012年1月より、医療安全管理室を新たに開設しました。
これまでも医療安全管理委員会、リスクマネジメント推進委員会、各部署で医療安全に関する取り組みが行なわれていましたが、夫々のメンバーは本来の自分の業務と兼任しておりましたので、当室開設にあたり、より専門的に取り組む事ができるようになりました。日本鋼管病院の医療安全について、タイムリーに、また細やかに対応することを目指して活動していきます。
医療安全に関する組織体制と役割
組織図

当院では、以下のような組織体制を基に院内で起こった事故の対応や防止のための取り組みを行っています。


医療安全に関する委員会とその役割

医療安全管理委員会
病院副院長、事務長、各職場の所属長が出席し医療安全に関する最終決定を行います。また有事の場合に臨時の委員会を開催し迅速な対応を行っていきます。


リスクマネジメント推進委員会
各職場の代表者によって事故対策の方法を具体的に検討しています。また、院内のラウンドを行い事故防止策が遵守されているかチェックしています。


医薬品・医療機器安全管理責任者
医療機器、医薬品については取り扱いを誤ると重大な事故に結びつく可能性があります。そこで医療機器については臨床工学技士が、医薬品に関しては薬剤師がその専門性知識を生かして院内全体の医療安全に関して責任を持って管理にあたります。

医療安全管理室の役割

では病院の医療安全管理室はどんな業務をしているところでしょうか?

主な業務内容について説明します。


【 院内のインシデントレポートの集計 】

病院で働く職員は何か間違いが起こった、または間違いになりそうだった、患者さんの転倒があった、クレームが寄せられたなどといった場合レポートを提出することになっています。その数は月にすると80~110件にのぼります。レポートを集計しどのような事故が多いのか分析したり、影響度の高い問題に関しても原因分析を行います。各部署や医療安全に関する委員会と共同して対策を検討し実施していきます。


【 各委員会との共同で行う安全対策 】
  1. 組織横断的な医療安全対策
    起こった問題については関連する様々な職種の人たちとなぜそれが起こったのか、どうすれば防げるかについて話し合います。
    多職種で仕事の流れや状況を話す事はお互いの部署への理解も深まり、より実践的な対策を立てることにつながります。また、事故防止策についても病院内のスタッフで共有できるようにしています。他人の振り見て我が振り直せというように自分の部署に置き換えて考えたり、他部署での事故防止策を取り入れたりする事も出来ます。
  2. 院内安全ラウンド
    人間は忘れやすく、また楽なほうへと流されやすいものです。医療安全に関しても同様で事故防止策も時間が経つと危機意識が薄れて守られていないこともあります。そこで、事故防止策が守られているか、間違いに結びつきそうな状況がないか行動を取っていないかと言う視点で病院やクリニックの巡視を行っています。
  3. 職員に対しての研修
    医療安全は誰しも必要と感じ、願っていることですがそれを実践するには安全に関する専門的な知識が必要です。
    人はなぜ間違うのかというヒューマンエラーについての知識や事故の分析方法など正しい方法を知らないと安全を守る力にはなりません。当院では年2回外部講師を招いての医療安全に関しての研修会を行っています。
    また、医療機器の使用など職員が正しく操作が出来るように臨床工学科の協力のもと勉強会を行っています。
患者さん・ご家族の安全へのご協力について

 医療安全についてもうひとつ忘れてはならないのが患者さんやご家族の協力です。病院職員も安全には注意を払って取り組んでおりますが、患者さんご自身も自分の身にかかわる事について関心を寄せていただき、お声をかけていただきたいと思います。
 事故の原因として多いのが「わかっているだろう」「~にちがいない」という思い込みによるコミュニケーションエラーです。疑問に思ったら、いつもと違うと思ったら医師や看護師また職員にお尋ねください。
患者さん誤認防止のためにお名前を確認させていただいたり、採血や処置時に透析用シャントの有無や乳房の手術の有無をお尋ねしたりしています。何度も繰り返しでお手数とは思いますがご協力をお願いいたします。

病院における安全管理とは

英国のジェームズ・リーズンという心理学者が安全について戦争に例えてこのようにいっています。


「安全は勝利なき長期のゲリラ戦」
  • 決して勝たない ⇒ 100%安全ということはありえない
  • 決して終わらない ⇒ 安全を獲得するのに終わりはない
  • 敵の発見が困難(潜伏している) ⇒ 一見安全に見えるような事にでも危険は潜んでいる
  • 手を抜くとやられる ⇒ 「たぶん知っているだろう」「いつもやっている事だから・・」と手を抜いた途端ミスが起こる
  • リターンマッチはない ⇒ 一度起こったことはもとには戻せない

安全を構築することはさまざまな行為において確認をすることや決まり事を遵守するという小さなことの積み重ねが大切であると考えています。
そして常に安全について対応する姿勢を持ち続けるということでしょうか。


安全で安心な病院であり続けるために日本鋼管病院の職員たちは力をあわせて取り組んでいきます。

医療安全管理規程

【 設 置 】

第一条

日本鋼管病院における医療事故予防対策の検討及び推進、医療安全の推進等を図るとともに、医療に係る安全管理の基本方針を決定するため、「日本鋼管病院医療安全管理委員会」(以下「委員会」という)を設置する。


【 構 成 】

第二条

委員会は、次に掲げる職にある者により構成する

  1. 副院長
  2. 看護部長
  3. 事務局長
  4. 診療科から選出された医師
  5. リスクマネジメント推進委員長
  6. 薬剤部長
  7. 栄養科
  8. 検査科
  9. 放射線科
  10. リハビリテーション科
  11. 医事部長
  12. 総務室長
  13. 病院長の指名する者
  14. その他委員会が必要と認めた者(若干名)
【 所 掌 】

第三条

委員会は、次の事項を調査審議する

  1. 医療事故の予防対策の検討及び推進の総括に関すること
  2. 医療事故及び医事紛争への対応に関すること
  3. 医療事故等の情報交換に関すること
  4. その他医療安全対策の推進に関すること
  5. 医療訴訟に関すること
【 任 期 】

第四条

委員の任期は1年とし、再任を防げない


【 委員長 】

第五条

  1. 委員会には委員長を置き、院長の指名する副院長がこれにあたる
  2. 委員長には、会務を総理し、委員会を代表する
  3. 委員長に事故がある時は、あらかじめ委員長の指名する委員がその職務を代理する
【 開 催 】

第六条

  1. 委員会は、原則としてつき1回定例で開催するほか、必要に応じて随時開催する
  2. 委員会は、委員長が召集する
【 報 告 】

第七条

委員会の検討結果については定期的に運営会議に報告するとともに各部門に周知させる


【 意見聴取等 】

第八条

委員会は必要があると認めるときは委員以外の者を会議に出席させ意見を聴取し、 または委員会以外のものから資料の提出を求めることができる


【 リスクマネジメント推進委員会の設置 】

第九条

委員会で決定された方針に基づき、組織横断的観点から安全管理対策を企画・実施する執行機関として、リスクマネジメント推進委員会を設置する


リスクマネジメント推進委員会について

  1. 推進会議は、原則として月1回開催するほか、必要に応じて随時開催する
  2. 病院全体のインシデント・アクシデント・レポートの統計分析、問題点の検討及び予防策の立案に関すること
  3. 重大な、又は部門を横断するインシデント・アクシデント事例の原因分析及び予防策の立案に関すること
  4. 医療安全に関わる「患者の声相談窓口」からの相談情報にかかわる対応策
  5. 重大な又は部門を横断する医療事故の予防に関するマニュアル類の作成、見直し及び整備に関すること
  6. 委員会の審議の結果は推進委員長より医療安全管理委員会に報告する
  7. 委員会の事務は看護部で行う
【 医薬品安全管理責任者の設置 】

第十条

医薬品安全管理責任者

  • 医薬品の安全使用の為の業務に関する手順書の作成
  • 医薬品の安全使用の為の研修の実施
  • 医薬品の手順書の基づく業務の実施
  • 医薬品の情報の収集と改善の為の方策の検討
【 医療機器安全管理責任者の設置 】

第十一条

医療機器安全管理責任者

  • 医療機器の安全使用のための研修の実施
  • 医療機器の保守点検に関する計画の策定及び保守点検の適切な実施
  • 医療機器の情報の収集と改善のための方策の検討
  • 医薬品の情報の収集と改善の為の方策の検討

(参)保守点検

  1. 人工心肺装置及び補助循環装置
  2. 人工呼吸器
  3. 血液浄化装置
  4. 除細動装置
  5. 閉鎖式保育器
  6. 診療用高エネルギー放射線発生装置(直線加速器等)
  7. 医療用放射線照射装置(ガンマナイフ等)
【 専門委員会 】

第十二条

  1. 委員長は、必要と認めるときは、専門委員会を設置することができる
  2. 専門委員会は、委員長の諮問に応じ、第3条に規定する事項に関して専門的に調査、審議する
  3. 専門委員会は、委員長の指名する者で構成する
【 議事録の作成 】

第十三条

委員会の記録その他の庶務は総務人事部が行う


【 事 務 】

第十四条

委員会の事務は、総務部において処理する


附則(平成19年10月1日)


医療安全マニュアル作成にあたり従来の医療安全管理規程は廃止し以後、本規程で運用する

page top