病院のご案内

細菌検査室

血液培養機器
血液培養機器

細菌検査手技中

細菌検査手技中
  細菌検査室では、2名の臨床検査技師が勤務しています。検査の内容は、感染症を起こしたと考えられる患者さんから検体(喀痰、便、膿など)を採取し、起炎 微生物の検出・適切な抗生物質の情報提供を主な業務としています。たとえば、肺炎・気管支炎などの呼吸器感染が疑われる場合は肺炎球菌・溶レン菌・インフ ルエンザ菌・結核菌を、食中毒などの腸管感染の場合は病原大腸菌O-157・赤痢菌・サルモネラ菌・コレラ菌などを目的として培養し、自動化機器を使用し てより迅速な検査を進めています。また、院内感染の原因となるMRSA(メシチリン耐性黄色ぶどう球菌)・セラチア菌・VRE(バンコマイシン耐性腸球 菌)などの多剤耐性菌には特に注意をはらい、検出状況は臨床及び院内感染防止委員会に随時情報を提供し、院内感染対策を行っています。正確・迅速・安全な 検査を心がけています。

page top