病院のご案内

臨床検査技術科

検査科の種類

検体検査・生体検査を実施し、各診療科に検査結果を提供することが主な役割です。

業務は「検体検査」と「生体検査」に分けられます。
検体検査は、患者さんから採取した「血液」、「尿」、「便」、「痰」などを各検査室で検査します。
検査には「尿検査」、「血液検査」、「生化学検査」、「免疫検査」、「微生物検査」などがあります。
また、組織などを検査することを「病理検査」といいます。

生体検査は、直接患者さんに検査技師や医師が検査機器を使用して、体の動きや臓器の様子をみる検査で、「生理検査」とも呼ばれています。
当科ではその他に、病棟の患者さんの採血や外来患者さんの採血も担当しています。
病院には緊急検査室があり、夜間・休日などにおける救急外来の患者さんや入院患者さんの緊急検査を24時間対応できる体制を整えています。


page top