日本鋼管病院

診療実績(2020年度)

2020年度 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 5 114 201 254 438 757 1048 1506 1188 347

令和2年度は、新型コロナ患者の入院を受け入れた影響で入院制限・手術の制限を行ったため、退院患者数は、前年から1,600人以上の減少となった。年齢区分別では70歳台が最も多く全体の25.7%を占めている、次いで80歳台の20.3%、60歳台の17.9%となっている。70歳以上が全体の51.9%を占めており、当院の傾向である高齢者の多い状態が更に進んでいる。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 129 2.67 2.66 0.00 67.43  
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 96 4.71 3.26 1.04 70.33  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 85 26.74 20.51 18.82 86.09  
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 79 12.84 14.60 1.27 60.95  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 79 17.66 13.00 2.53 79.92  
DPCでは小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術がトップだが、新型コロナの影響もありMDC06では04呼吸器系疾患が510人で最高である。06消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患は、383人であった。あた、血液疾患の患者も増えてきた。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 42 4.07 4.86 0.00 69.88  
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 10.48 10.83 0.00 67.37  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 6.38 6.41 0.00 64.17  
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 20 2.65 2.66 5.00 76.70  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 20 5.45 7.17 0.00 48.20  
鼠径ヘルニアが最も多いが、乳腺外科、呼吸器外科医師の採用に伴い、肺や乳腺の悪性腫瘍が患者も増えてきた。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx01xxxx 椎間板変性、ヘルニア 内視鏡下椎間板摘出(切除)術 後方摘出術等 344 4.95 10.36 0.00 50.47  
160620xx02xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 関節滑膜切除術等 123 6.81 7.04 0.00 50.47  
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 108 32.93 26.80 0.00 60.45  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 95 21.66 13.96 0.00 32.66  
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 91 23.66 20.40 4.40 71.08  
コロナ禍で手術件数は減ったが、脊椎センターのPED(経皮的内視鏡下椎間板摘出術)、スポーツ整形外科センターのACL(膝前十字靱帯)再建術を行う疾患が上位を占めている傾向は続いている。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 2 2 2.76 0.00 61.00  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 2 2 4.95 0.00 81.00  
               
               
               
2020年度、眼科は、常勤眼科医の退職に伴い、入院患者は2020年4月に4人を受け入れたのみとなった。2021年度は常勤眼科医の採用に伴い入院手術を再開した。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 44 4.52 5.63 0.00 32.80  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 30 7.00 4.94 0.00 69.07  
030428xxxxxxxx 突発性難聴 22 7.50 8.81 0.00 56.45  
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 14 8.71 9.17 0.00 52.93  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 12 5.42 6.71 0.00 56.75  
扁桃領域の炎症疾患が最も多く、次いで眩暈症の疾患、突発性難聴で上位を占めている状況は変わっていない。平均在院日数は全国平均より短いものが多い。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 41 11.29 12.87 0.00 66.56  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 29 9.45 9.12 3.45 73.93  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 13 3.92 4.06 0.00 53.00  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 12 7.00 7.71 8.33 79.58  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 10 4.60 4.76 0.00 47.80  
今年度は膿皮症が41人と最も多く、次いで帯状疱疹が29人となっている。TOP5では2019年度146人だったが新型コロナの影響で2020年度は105人となっている。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 84 2.38 2.54 2.38 71.07  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 65 3.83 5.67 0.00 60.80  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 54 8.33 8.52 1.85 73.85  
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 43 4.84 4.13 0.00 69.81  
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 37 6.68 7.13 0.00 76.32  
今年度も前立腺の悪性腫瘍が最も多くなった。3位の前立腺肥大症の患者は増えてきている。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15 0 8 13 4 1 1 7.8
大腸癌 8 9 24 30 10 10 1 7.8
乳癌 5 9 2 2 3 2 1 7.8
肺癌 14 4 32 73 58 29 1 7.8
肝癌 4 5 1 5 0 30 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、「消化器肝臓病センター」・「COPD・SASセンター」を有しており、5大がんに対し積極的な治療を行っている。また、緩和ケア外来や外来化学療法も積極的に行っている。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 9.30 60.90
中等症 61 20.21 78.43
重症 9 36.44 84.33
超重症 0 0.00 0.00
不明 0 0.00 0.00
患者数では中程度の割合が全体の76%を占めている。平均在院日数は重症が最も長く、平均年齢が高くなっている。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 58 21.83 77.05 16.18
その他 10 16.10 82.90 1.47
発症後3日以内での入院が全体の8割5分を占め、早期に治療を開始し早期リハビリテーションへ移行できるよう目指している。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 142 1.06 2.94 0.00 67.70  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 66 2.39 1.89 1.52 67.12  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 32 0.78 15.91 12.50 77.28  
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 23 5.83 10.96 0.00 70.13  
K654 内視鏡的消化管止血術 23 2.09 19.48 8.70 71.52  
昨年と同様に、内視鏡による大腸ポリープ切除術が多く、次いで、経皮的冠動脈ステント留置術を多く実施しております。
手術では消化器領域、循環器領域が大半を占めていますが、透析に関連するシャント系の手術も増えております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 0.98 2.07 0.00 69.56  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 37 1.46 4.03 0.00 64.59  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 24 0.58 1.88 0.00 75.29  
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 21 0.38 2.67 0.00 68.38  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 13 7.00 21.69 0.00 75.85  
鼠形ヘルニア手術が最も多く、次いで腹腔鏡下による胆嚢摘出術が多くなっています。結腸切除術が5位となっています。
また、抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合)も数多く行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 331 1.53 2.69 0.00 50.95  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 188 1.03 3.08 0.00 50.52  
K142-4 経皮的椎体形成術 99 4.22 15.77 14.14 81.24  
K0542 骨切り術(前腕,下腿) 98 1.05 31.13 0.00 60.70  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 73 1.12 5.08 0.00 49.92  
脊椎系で経皮的内視鏡下椎間板摘出術が最も多く、次いで経皮的椎体形成術となっています。一班整形では、骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿)、骨切り術(前腕,下腿)、関節鏡下半月板切除術も多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 4 0.00 1 0.00 71.00  
               
               
               
               
今年度は、白内障に対して行う水晶体再建のみを行いました。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 16 1.38 7.94 0.00 32.25  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 7 1.00 3.57 0.00 55.43  
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術) 5 1.00 3.40 0.00 55.60  
K4633 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘・頸部外側区域郭清を伴わない) 3 1.00 6.33 0.00 67.00  
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 3 0.67 1.67 0.00 68.00  
昨年同様に、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術が最も多く占めたが、内視鏡下鼻中隔手術、内視鏡下鼻・副鼻腔手術も多くなっております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 1.06 6.00 6.25 80.44  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 9 1.00 2.56 0.00 53.00  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 6 1.00 2.33 0.00 47.33  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 4 1.00 1.50 0.00 64.00  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 4 1.00 2.00 0.00 48.25  
皮膚の悪性腫瘍に対する手術が最も多く、次いで良性の皮膚腫瘍摘出術となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 57 1.19 1.47 0.00 58.91  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 53 2.17 5.23 1.89 73.91  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 0.78 4.59 2.04 69.59  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 49 1.71 4.61 0.00 74.22  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 10 1.00 16.00 0.00 66.60  
尿路結石症に対する経尿道的尿路結石除去術が最も多く、次いで経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー)、経尿道的尿管ステント留置術、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)、が多く占めています。また、前立腺悪性腫瘍(癌)に対する手術も多くなっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 13 0.22
180010 敗血症 同一 6 0.10
異なる 12 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.36
異なる 5 0.09
入院契機となった主病名と異なり、入院後に免疫力の低下等で敗血症等の重篤な状態や、DIC(播種性血管内凝固症候群)、その他の真菌感染症に陥ってしまったもの。
手術・処置等の合併症については、ほぼ入院契機になった主病名と同一となっている。
 

page top