病院のご案内

一般撮影装置


  胸部や腹部・骨・関節・副鼻腔など全身各部位に対して、最も一般的に行なわれる検査です。
  炎症・腫瘍・結石・腹部のガスの状態・骨折・変形等を調べます。
  当院ではFPD搭載の最新型の装置を導入しており、下肢全長などの長尺撮影も行なっています。

 

 
  単純撮影(手)
 
  単純撮影(足関節)
 
 



page top