メッセージ

現役ナースからのメッセージ 08

一年目からオペ室志望、恵まれた環境で充実!
手術室所属

2017年3月に鹿児島の看護学校を卒業して4月に当院に入職、ただいまナース二年生です。
私がこの道を目指したきっかけは、母が看護師をしていたこと。働いている母の姿を見て育ち、いつからか「私もこんな人になりたい!」と、思いを強くもつようになりました。
地方出身の方には多いと思うのですが、沖縄で育った私も都会への憧れがあり、都会の病院で働きたいと思っていました。でも、かと言っていきなり都心のど真ん中で、というのも少し不安。。
川崎なら都心にすぐ出ることができるし、羽田空港が近い(看護師寮から空港まで余裕で一時間以内です)ので里帰りするにも便利。

そして何より大事な奨学金制度が充実していたことから当院を選びました。
 
新卒で配属された職場は手術室。同期の多くは病棟に配属されたけど、私は整形
外科領域の手術に携わりたくて、自ら志望して手術室に配属してもらいました。
オペ室って色々ハードなイメージを持つ人もいるかも知れないけど、
先輩は優しいし、恵まれた環境の中で日々新しい知識を身につけることができ、
毎日が楽しいです!

私も暮らしている日本鋼管病院看護師寮は、病院からとても近い(というか
敷地内)ので、通勤時間は約1分。
仕事の日でもギリギリまで寝ることができるのが最大の魅力です(笑)

入寮したての頃はホームシックにならないか心配だったけど、
寮にいる同期の部屋に遊びに行って仕事や色々な話しで盛り上がったり、
休みの日は同期の友達と遊びに行ったり、地元で都内に就職している友人と
飲みに行ったりと、一人暮らしの寂しさは全く感じませんでした。
看護師を目指している皆さん、上京するなら当院で一緒に仕事しませんか?

~安心の住環境であなたをサポート~
当院の敷地内には、全室バス・トイレ・冷暖房・光回線完備、ワンルームタイプの看護師寮を完備しています。女性管理人が常駐、寮の外部も定期的に病院警備員が巡回しているのでセキュリティーも安心。寮費も月額8,900円(水道光熱費込み)と、頑張るナースの負担を最小限に抑えています。