臨床研修に関して

概 要

日本鋼管病院の沿革

 当院は昭和12年に開設された川崎市最初の総合病院です。開設当初は企業病院としてスタートしましたが、患者さんにおける地域住民の割合が9割を占めたことから、川崎市の地域医療を担う基幹病院へと発展してきました。
当院は救急告示病院であると共に、健診や在宅医療・訪問看護などトータルに地域医療を担う病院として創立当初より『地域社会への貢献』を基本理念に、一貫して地域に開かれた病院として医療活動を続けています。
また、厚生省臨床研修指定病院(昭和46年4月1日指定)、内科学会、外科学会など、各学会の学会認定施設となっており良き臨床医を育てる教育を長年行っています。
平成20年春には日本医療機能評価機構より医療機能認定(一般病院種別B)に認定され、当院の医療水準が第三者からも認められています。
また、平成15年4月1日を以って企業立病院から医療法人社団こうかん会へ運営を移管し、更なる発展を遂げています。

開設者  医療法人社団こうかん会 理事長 別所 隆



日本鋼管病院 こうかんクリニック

研修の内容
【 教育課程 】

本プログラムによる初期臨床研修は国家試験合格者につき毎年4月1日から開始するものとし、研修期間は2年間とする。研修開始前に「院内諸規定」「施設設備の概要と文献検索」「EPOC」「PC研修(電子カルテ)」や「医師以外の部門(看護部・中央検査科・薬剤科・放射線科等)」によるオリエンテーションを受けるとともに、各部門の実習を行うことによりコ・メディカルの業務内容に対する理解を深める。


【 研修評価 】

研修評価は研修医・指導医とも「EPOC研修評価システム」により行う。


【 プログラム修了の認定 】

2年間の研修を修了した後に初期臨床研修委員会において評価を行い、満足すべき研修を行い得た者に対しては「初期臨床研修修了証書」を交付する。


【 プログラム修了後の進路 】

初期臨床研修プログラムを修了した者のうち希望者は所定の手続きと選抜審査により専修医として後期臨床研修医プログラムに進むことができる。



<参考>
内科・外科・整形外科専修医(レジデント)について

詳細プログラムについてはこちらを参照

診療科別医師数・指導医数・病床(一般)数
  医師数 指導医 病床数
内 科 27 5 174
外 科 3 1 37
小児科 2 1 0
産婦人科 1 1 0
整形外科 12 1 80
泌尿器科 2 0 7
皮膚科 2 0 7
眼 科 2 0 2
耳鼻咽喉科 3 0 8
神経精神科 2 1 0
麻酔科 3 1 0
放射線科 3 1 0
(共用)     32
       
合 計 62 12 347

※ 指導医 = 「指導医講習会受講済み」

研修医の主な出身大学

札幌医科大学・旭川医科大学・東北大学・福島県立医科大学・東京女子医科大学・慶応義塾大学・杏林大学・北里大学・聖マリアンナ医科大学・金沢大学・山梨大学・高知大学・名古屋市立大学・愛媛大学・山口大学・長崎大学・産業医科大学 など
全国各地の大学より研修医が集っています。

先輩研修医から 

~この病院を選んだ理由~

 指導医の先生方は、誰もが非常に丁寧にどんなことでも教えて下さり、それと同時に病棟では様々なことを自分で考える場面もあり、臨床研修は他に類を見ないほど経験出来ます。
 私は臨床の場で様々な経験をし、また、勉強したいと思いこの病院を選びました。
研修医がMAX4名と少ない環境であり、手技の取り合いになることがなく、十分な研修が出来ることが魅力だと思います。
全科の距離が近いことにより、内科から外科へ送った患者さんのフィードバックが聞けたりして、とても効果的に学べます。家族的な暖かい雰囲気の病院です。


こちらからもどうぞ →
ブログ

指導医から

研修責任者 宮尾医師

出身校にはこだわりません。
地域の中核病院として症例は豊富で、指導医も充実していますので十分な臨床経験を積むことができます。
 
「この先生に診ていただいて良かった」と患者さんから感謝されるような臨床医の育成を目指しています。積極性と協調性のある方を希望します。

見学・資料請求・その他お問い合わせ

〒210-0852
神奈川県川崎市川崎区鋼管通1-2-1

日本鋼管病院 総務人事室 担当:金谷(カナヤ)
       TEL 044-344-7261 (直通)
       FAX 044-333-5599

メールからの見学申し込み・ご質問はこちら

page top