よくある質問

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

宮尾医師

最近よく耳にするCOPD、いったいどんな病気なのか、呼吸器内科 宮尾医師がお答えします。


Q.慢性閉塞性肺疾患(COPD)とはどんな病気ですか?
A.タバコなどの有害な空気を吸い込むことによって空気の通り道である気道(気管支)が狭くなったり、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気です。
これは今まで肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた病気と同じで、主な症状として息切れや咳を中心とした病気をまとめた呼び方であるにすぎません。この病気に罹ると空気の出し入れがうまくいかなくなるので、通常の呼吸ができなくなり息切れが起こります。
Q.どのような人がCOPDにかかりやすいのですか?
A.長期間にわたる喫煙習慣が主な原因であることから、COPDは“肺の生活習慣病” といわれ、社会的にも注目を浴びています。
タバコの煙には、約4,000種の化学物質が含まれています。この中には有害な化学物質も数多く含まれていますが、とくに人体に悪影響を及ぼすのは、ニコチン・タール・一酸化炭素です。 タバコの煙に含まれるこれらの有害な物質が、気管支や肺を傷つけることにより、肺胞がこわれたり気管支に炎症が起きたりします。
また、受動喫煙によってもCOPDは発症することがありますし、喫煙以外の原因として大気汚染や職業的な塵埃や化学物質などがあります。日本には500万 人以上のCOPD患者さんがいると推定されており、2000年に日本国内で行われた調査では、40歳以上の男女のうち8.6%の人がCOPDの疑いのある ことがわかりました。年齢別にみると、70歳以上の高齢者が最も多くなっています。
Q.どのような症状が判断の目安になりますか?
A.40才以上で、タバコを吸っているまたは吸っていた」
「しつこく続く咳、痰」
「風邪を引いたときや運動をしたときの喘鳴(ぜいぜいする)がある」
「階段の昇り下りするときや坂道を上るときに息切れがする」
「同年代の人と一緒に歩いていて、他の人より歩くペースが遅れてしまう」

更に下記の症状がある人はCOPDが進行している可能性があります!
「口すぼめ呼吸(体を動かして息切れを感じたときに、意識的に口をすぼめて呼吸する)」
「ビヤ樽状の胸部(胸の前後の幅が増大し、上体が樽のような形状になる)」
Q.検査を受けてみたいのですが ...
A.「肺年齢」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
当院では、気軽に「現在の自分の肺機能が何歳の人くらいのレベルにあるのか?」を理解していただくために、スパイロメーターという機械を用いて肺機能検査 を行っています。この機械で測定された肺年齢は、肺の健康指導(疾患啓発、禁煙指導を含む)における目安として利用できます。検査時間としては数分程度 で、健康保険が適用される検査です。
Q.どのような治療が行われていますか?
A.COPDの治療にあたっては、治療の基本である「禁煙」、急性増悪を防ぐ「ワクチン接種」、息切れを和らげ運動能力を高める「薬物療法」、「呼吸器 リハビリテーション」、息苦しさを和らげる「理学療法」、呼吸に関係する筋肉を鍛える「運動療法」、体重減少を防ぐ「栄養管理」、COPDが進行し低酸素 血症になったときに導入する「在宅酸素療法」をひとつの流れとして、医師と二人三脚で治療を行っていきます。
呼吸器内科ではCOPDの入院患者さんに対して、医師や看護師からの医療の提供だけでなく、栄養士による栄養面での指導、呼吸療法士からの呼吸リハビリ テーション指導、在宅医療担当者からの退院後の在宅での問題点解決へ向け、相談チームを作って、総合的に患者さまをサポートする体制が組まれています。
「肺年齢を測定してみたい方」、「自分もCOPDではないか?と心当りがある方」等、関心を持たれた方は 内科:宮尾・赤尾・原田の外来 を受診して下さい。

page top