病院のご案内

パーキンソン病の早期診断

パーキンソン病の早期の診断に欠かせないのが核医学検査です。

代表的なものは、


MIBG心筋シンチグラフィ検査

心臓交感神経の障害を判定することで、パーキンソン病やレビー小体型認知症などの
神経変性疾患の自律神経障害の評価に用いられる検査です。

パーキンソン病やレビー小体型認知症の患者さんではMIBGの集積が低下して、
下図のように心臓に色がつきません。




ドパミントランスポーター(DAT)イメージング検査

運動をスムーズに行う機能を担う線条体という部位で、
ドパミントランスポーター(DAT)の取り込みを見えるようにしたものです。

パーキンソン病の診断のみでなく、レビー小体型認知症の診断にも有用な検査です。
正常例では「コンマ」もしくは「まが玉型」と呼ばれる取り込みを認めますが、
パーキンソン病やレビー小体型認知症では「ドット」として描出されます。



page top