入退院のご案内

介護型療養病棟への入院

私たち介護型療養病棟スタッフは、『リハビリテーション・看護・介護のケア』を必要とする要介護者の皆さまに、心のこもった療養のお手伝いをさせていただきます。

療養病棟(療養病床)とは

「療養病床」には、医療保険が適用される「医療型療養病床」と、介護保険が適用される「介護型療養病床」とがあり、当院では『介護型療養病床』を設置しております。
 

<<病床の違い>>

一般病床

基本的に急性期疾患の「治療」を目的とし、医療保険が適用されます。
 

医療型療養病床

急性期以後の慢性期疾患の治療と「療養」を目的とし、医療保険が適用されます。
 

介護型療養病床

病状安定期において、医学的管理のもと長期に渡る療養や介護を目的とし、介護保険が適用されます。当院はこのタイプになります。

高齢者の病気は長引くことが多く、寝たきりの患者さんも少なくありません。これらの方々には長期的・継続的な医療と身体機能の低下を予防するための看護・介護が必要です。
つまり「介護型療養病床」とは、主に症状は安定しているものの、慢性的な疾患があり長期の療養が必要とされる、高齢者を中心とした患者さんのための、医療と介護を提供するための病床です。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や 介護老人保健施設(老健)との違い
介護保険が適用される上記のような他の施設と比較すると、療養型病床は医師・看護師・理学療法士・作業療法士などのリハビリスタッフや、薬剤師・栄養士・ 放射線技師・臨床検査技師・介護支援専門員(ケアマネージャー)・医療ソーシャルワーカーなど、医療と介護を支える各職種の職員が常勤し、体系的に患者さ んの介護療養をコーディネートできることが大きな違いです。
当院の介護型療養病床
  • 各部門のスタッフが連携し、患者さん個々に合わせた最適の介護をプランニングできます
  • 個々の状態に応じたリハビリテーションを行い、日常動作の改善を図ります
  • 時期折々の催し物や毎週のレクリエーションを行い、入院生活のなかに楽しみを見いだせるよう工夫しています

入院時のご注意

ご入院中は原則として介護保険を使用します。ただし、必要に応じて医療保険を使用する場合もございます。
ご入院時には、介護保険証(介護保険負担限度額認定証)・健康保険証(老人医療・公費医療受給者証等)をご持参下さい。
なお、区分変更・更新等により、介護保険証が変わった場合は、入院受付にてご提示願います。
 

※ 居住費(ショートステイの場合滞在費)及び、お食事代を別途(表参照)自費でいただきます。

居住費
(滞在費)
多床室 370円/1日
個室 1,640円/1日
お食事代 1,860円/1日

※ 表の金額は当院の届出金額であり、世帯の状況等(非課税世帯・生活保護)により国が定めた額(減額認定証に記載された金額)となります。ただし、区役所での手続きが必要となりますので詳しくは管轄の区役所にてお訪ね下さい。

ご入院にあたり
【 ご面会時間 】

全日 13:00〜20:00
 

【 お食事時間 】

朝食8:00  昼食12:00  夕食18:00  おやつ15:00
 

【 付添い 】

看護師と介護職員(ナースエイド)が介助させていただきますので付添いの必要はございません。
 

【 ご用意頂くもの 】

(1) 肌着並びに上着はご用意下さい。
(2) 下履物(機能訓練用靴)をご用意下さい。
 

【 病衣・タオル等の貸し出し 】

病衣・タオル等については管理衛生上、専門業者に委託をしております。
詳細は別紙を参照して下さい。(有料)
 

【 外出外泊について 】

入院中外出・外泊には主治医の許可が必要です。
ご希望の方は、看護師にお申し出下さい。
 

【 入院費用 】

当月末に会計を締め、翌月10日頃にご自宅へ請求書を送付致します。
原則として、入院費用は郵便局の口座より自動引き落とし対応とさせていただきます。
なお、毎月20日(20日が土曜・日祝祭日の場合は翌日)に自動引き落としになります。

 

【 入院保証金について 】

当病院では、ご入院時に5万円の入院保証金を入院受付にてお預かりしております。
なお、ご退院の際の保証金は退院翌月郵便局の口座より返金させていただきます。
 

【 ご面会 】

喫煙ならびに酒気を帯びての面会は堅くお断りしております。
 

【 ご注意 】

貴重品、多額の金銭は盗難防止のためお持ちにならないで下さい。

お問い合わせ・見学をご希望の方は

介護療養病棟への入院につきましては医療ソーシャルワーカーがご相談に応 じております。
お問い合わせや見学をご希望の方は、医療相談室までご連絡下さい。

医療相談室  Tel 044(333)5591  (代表)

page top