病院のご案内

十字靭帯(ACL)再建術について

膝前十字靭帯(ACL)とは
前十字靭帯はAnterior Cruciate Ligamentと言い、頭文字をとり、『 ACL 』とよく表現されます。
前十字靭帯(ACL)は関節内に存在する靭帯であり、膝の下の骨(脛骨)が前方に出すぎたり、内側に回旋しすぎたりするのを防止する機能を持っています。この機能のおかげで「急激な方向転換」や「ジャンプやストップ動作」を行っても膝が安定していることができるのです。
膝関節の構造
ACL再建術
膝には上記のように4本の靭帯と2つの半月板があります。
骨と骨をつなぐゴムのバンドのようなものと考えて下さい。
(半月板はクッションのような働きをします)
膝前十字靭帯の役割

ACLにかかる負担のメカニズム大腿骨(太ももの骨)に対して脛骨(すねの骨)が前方に脱臼するのを防いでいます。
靭帯に加わる力が非常に大きいと、靭帯はその力に耐えきれずに切れてしまいます。
これが「膝前十字靭帯損傷」です。

膝関節鏡で見たACLの状態
正常前十字靭帯  
写真左は正常な前十字靱帯、写真右は損傷後約6ケ月放置していた前十字靱帯。
膝前十字靭帯損傷とは
前十字靭帯はスポーツや交通事故で損傷することが多く、スポーツでは「バスケットボー」・「スキー」・「サッカー」・「バレーボール」・「ハンドボール」などで損傷します。ジャンプ着地時、「急激なターン」「カットイン」などの切り返し動作や不意な外力によって損傷することがほとんどです。
前十字靭帯損傷時、多くの場合「プチッ」「グキッ」などの異音がすると言われており、音と同時にかなりの痛みを感じます。症状としては関節内に出血が起こるため、数時間で大きく腫れます。損傷直後の痛みは足を着くことが出来ないほどではないことも多く、歩き始めた際に膝の不安定感を感じ、時折膝崩れを起こすこともあります。 前十字靭帯は関節内にある靭帯であり、血流も乏しいということもあり、自然治癒は困難であるといわれてます。また、これを放置することより膝の亜脱臼を起こすようにな り、スポーツ活動の継続は困難になります。無理に継続すると、半月板や軟骨等を傷つけてしまい二次的な障害を起こす原因ともなります。
膝前十字靭帯損傷の診断と治療
問診では、『怪我をした原因』・『自覚症状としての膝不安定感』・『膝崩れ(giving way)の有無』を聞きます。その後、徒手によるテストを行います。多くの場合レントゲンをとりますがレントゲンには骨しか写りませんので「靭帯損傷」や「半月板損傷」の疑いがある場合は、MRI(下の写真)の撮影を行い確認します。
また、膝関節の腫れの原因が血液である場合は70~80%が前十字靭帯損傷だと も言われています。
膝前十字靭帯損傷が認められた場合、「現在の膝の状態」・「主治医の見解」を説明し、御本人のニーズを交えながら治療方針を決定します。
MRIによる画像診断
MRI    MRI
保存療法
保存療法では、主として膝周囲の筋力強化方法と安全な膝の使い方の指導が中心になります。しかしながら、当センターでは保存療法は不確実であり、一般的には薦めていないのが現状です。ただし、「スポーツを行わない方」や「仕事の都合で長期休暇が得られない方」「高齢の方」等には、例外的に保存療法を選択することもあります。

手術療法(前十字靱帯再建術)
手術には様々な方法がありますが、当センターでは自分の半腱様筋・薄腱を使用する手術を行っています。
前十字靭帯再建術の特徴と方法
当センターのACL再建術は、半腱様筋腱や薄筋腱(自分の足の腱)を使用した内視鏡下手術を行っています

以下が手術の流れです。

1) 手術は膝関節を大きく開かずに内視鏡(関節鏡)を用いて行われます。そのため、外見上(皮膚)の傷は小さいもので済みます。
2) 「自家腱」といって、自分の身体の一部の腱を取り、前十字靭帯の付着部である脛骨(すねの骨)と大腿骨(太ももの骨)にトンネルを掘り、その中に腱を通し、両端を金属などで固定します。
自分の靭帯を使うため拒絶反応はおこりません。
3) 移植する腱は、太ももの裏の内側にある半腱様筋腱や薄筋腱を使用します。他にも膝の前にある膝蓋腱という腱を使用する方法もあります。

すねの内側から自分の腱を採取しているところ
すねの内側から自分の腱を採取しているところ
 
   移植するための腱を作成
移植するための腱を作成

 
 
ACL再建術(解剖学的二重束再建)のメリットとデメリット
メリット
1) 内視鏡を使用するため、傷口が比較的小さく、手術によるダメージが少なくて済む。
2) 本来、ACLは前内側線維+後外側線維という2つの線維からできており、再建時にはそれを復元するよう、より近い形での再建を行うことが可能。
3) ACL損傷を放置することにより「半月板損傷」や「二次的変形性膝関節症」を引き起こす可能性が高いといわれているが、そのリスクを減らすことができる。

傷口の写真です
術後の傷口の写真

デメリット
1) 初期の固定力が比較的弱く、骨と腱の癒合に時間がかかる。
2) 膝を深く曲げる力(膝屈曲力)が低下する。
3) 手術後、スポーツ復帰までには約9ヶ月必要。(個人差があります)

手術直後の再建靭帯
手術直後の再建靭帯
   約1年後再鏡視時の再建靭帯
約1年後再鏡視時の再建靭帯

 整形外科では特にスポーツ整形外科に力を入れており、「スポーツ整形外科センター」を開設しています。
当センターには、プロスポーツ選手やオリンピック選手から一般のスポーツ愛好家まで、多くのスポーツ選手が来院し、治療はもちろんのこと、復帰までのケアにも力を入れています。
 リハビリ施設は、約1,000㎡のリハビリテーション室に様々なリハビリ機器が設設置されており、当院で考案された機器も多数あります。
「怪我などで運動制限を余儀なくされている」「思うように治らず、成果があがらない」といった悩みがあるアスリートの方は、当センターを受診されてみてはいかがでしょうか?

page top