病院のご案内

アイソトープ

アイソトープとは

アイソトープ検査は核医学検査ともいわれ、ラジオアイソトープと呼ばれる放射性同位元素を用いて病気の診断を行うものです。
ごく微量の放射線を出すラジオアイソトープで印をつけた薬を体内に投与して、特定の臓器や組織に取り込まれその分布をガンマカメラという特殊カメラで撮影します。
これをシンチグラフィー(シンチ)と呼びます。
とても高い感度で行うことができますので、心臓・脳・がんや骨・肺・ホルモン等、様々な臓器の 血流の状態や代謝といった生理的機能をも画像にすることができ、病気の早期診断や治療効果の判定など、とても有用な検査です。

 

主な検査と対象疾患
心筋血流シンチ(主に狭心症や心不全の診断・治療判定)
狭心症の診断や治療効果判定に用います。負荷心筋シンチでは、特に運動や薬剤によって心臓に負荷を行い、安静時と負荷をかけた時とで画像の比較を行い、狭 心症の診断を行います。運動負荷では自転車のペダルを漕いで頂き、心電図を見ながら徐々に負荷をかけながら薬を注射して撮影します。また、高齢者や膝や足 が不自由な方、ベータ遮断薬内服中や心電図で左脚ブロックの方には、薬剤による負荷を行います。負荷をかけない安静心筋シンチでは、心不全の方の心機能の 状況や心筋血流の状況を評価することができます。冠動脈の血管の状況を見る検査としては心臓カテーテル検査が最もはっきりわかるのですが、侵襲的な検査な ので実際にその前の検査として、被爆も侵襲が少なく負荷を行ったときの血流の状況や心臓の機能までわかる検査として用いられます。糖尿病や高齢者には、無 症候性心筋虚血の方々も多くみうけられ、そういったケースにもとても有用です。
アイソトープ
 
  左図は実際の検査後に撮影された画像です。
上段は心臓を輪切りにしたところ、下段は縦切りにしたものです。左側は安静時、右側は運動や薬剤で負荷をかけたときの写真です。
赤いところは心臓の血流の良い部分を表しています。
安静で黒矢印で示す部分は血流は良いですが、負荷をかけた右側の赤矢印の部分は赤が薄く血流が低下しています。この部分は通常心臓の右側の血管(右冠動 脈)で栄養している部分であり、負荷をかけると血流が減るため狭心症として治療が必要になります。胸痛や息切れがあれば、これが原因となる訳です。
この検査では右図で示すように1回の検査で同時に心臓の機能(動き方)をみる事が出来ます。
右図の安静では拡張-収縮が比較的良好に行われていますが、負荷をかけると右側のように収縮が悪くなる状況になると重症の狭心症が疑われます。
しかしあまり症状がでない方もいらっしゃいますので、検査で初めてわかる事も多く経験されます。
アイソトープ
脂肪酸(BMIPP)心筋シンチ (主に肥大型心筋症・拡張型心筋症や不安定狭心症の診断) 
心筋血流シンチとは異なり、脂肪酸心筋シンチは心臓の細胞の代謝を見る検査です。
そのため、肥大型心筋症や拡張型心筋症といった、心臓の筋肉そのものに障害をもった場合の心筋細胞の代謝の状況を把握し、診断を行います。
また、胸痛があった場合、いちど冠動脈の血流が途絶えて、また流れが再開すると心電図などでは狭心症の診断が困難になることがありますが、脂肪酸心筋シン チでは一度心筋が障害受けると数週間は集積の異常(心筋障害のメモリー機能)が生じることから、不安定狭心症(心筋梗塞に移行する可能性のある不安定な状 況の狭心症)や、異型狭心症(冠動脈のけいれん)の診断にとても有用な検査です。
心筋交感神経(MIBG)シンチ (心不全の状態や、時にパーキンソン病の診断) 
心不全・心筋症の方は心臓交感神経の働きが変化しており、その状況を見る検査です。また、β遮断薬をはじめとした様々な心不全治療薬の効果判定などにとても有用です。最近はパーキンソン病の診断を行う際に、決め手となる重要な検査としても用いられています。
脳血流シンチ(認知症・アルツハイマー病の早期診断) 
認知症の方で通常のCTやMRIで特に異常がない場合も、血流シンチで特徴的な異常が見つかった場合アルツハイマー病と診断されます。下図は脳血流の状況 を見ていますが、赤い部分は脳血流が良い部分です。白矢印で示す部分は脳血流が落ちており、アルツハイマー病で特徴的と考えられす。
この検査は特に最近、初期のアルツハイマー病の検査として世界的にとても有用な検査として広く行われています。初期のアルツハイマー病と分かれば、それを 進行させない薬も出てきました。最近物忘れが多くなった方、CTやMRI検査で問題なかった方などにも初期の治療可能な病気を診断することができます。

アイソトープ
骨シンチ(骨・腫瘍の診断)
骨の組織に集まる性質を持つ放射性医薬品を注射して写真をとります。特にガンの骨への転移や外傷による骨の障害を鋭敏にとらえることができます。前立腺がんを始めとした泌尿器系癌、乳がん、肺がんなどで特に有用になります。
ガリウムシンチ
発熱をしているが、炎症を起こしている場所がはっきりしない場合や、悪性リンパ腫など全身性の腫瘍を調べるときガリウムを用いて行う検査です。
肺血流シンチ(肺塞栓症の診断)
肺血流シンチグラフィーは肺の血流の状況を見る検査ですが、肺塞栓症は通常の胸部レントゲンだけでは診断が困難ですので、この肺血流シンチグラフィーや、胸部造影CTスキャンによる迅速な診断・治療が必要です。
甲状腺シンチ、副腎シンチ
 放射性ヨウ素を使ったアイソトープ検査で甲状腺の機能の亢進や低下について調べたり、甲状腺腫瘍の良性悪性の鑑別などの診断ができます。
その他の検査
腎臓の働きをみるレノグラムや消化管から出血している場所を特定する出血シンチグラフィーなどその他数多くの検査が可能です。ご相談下さい。
外来
地域の先生方を対象に、アイソトープ検査のご依頼もお受け致します。

検査のご依頼やお問い合わせは、 
地域連携室 0120-961-778 へご連絡願います。

page top